うちのワンコ

うちの家族のワンコ達を紹介しま〜す!
写真技術が無いので実際の方が可愛いのです。。。
うっ、親(犬)バカかも・・・(笑)

 ミルです! 

 クルです!

 クル&ロン&ミル 父と子です。

ぬいぐるみ大好きっ!

僕、インド犬?

毛布いつもかかえてる・・・(?)

ひゃ〜暑いね〜!

いつも涙目うるるん

いつも寝てばかりのコロさん

おなかに腫瘍があるけど元気に頑張るプチ

はじめまして!プリヤです。

ソファーが一番好きなの

うちのわんこ家族構成は、、、
まず柴犬のコロ(♀11歳)、ヨークシャテリアのプチ(♀11歳)
トイプードルのロン(♂8歳)、MIXのクルとミル(♂6歳)
この2匹は双子の兄弟なんです。全然似てないけど(笑)
犬種はトイプードルとヨークシャテリアのMIXです。
以上、5匹です。

5匹もいると実にさまざまで本当に個性があるな〜と感心させられます。

柴犬のコロ姉さんは、日本犬らしく我が強い!
自分をしっかり持っているので私の言うこともナカナカ聞いてくれません(汗)
彼女は緑内障にかかってしまい両目を失明しています。
しかし持ち前の強い精神力で見えていた時と同様に生活しています。
そんな彼女が家に帰ると2階から玄関まで一生懸命降りてきて出迎えてくれると
涙が出るほど感動します!
   最近はメッキリ歳をとってしまったようで、一日中寝てばかりいます。
   このままゆっくりのんびりと過ごしてもらいです。

ヨークシャのプチもなかなか負けん気が強くて散歩している時に
他の犬や人間がプチを抜かそうもんなら、もう必死で抜き返します!(笑)
とっても小さいのに飛ぶように必死で駆ける姿が大好きです(笑)
彼女は親戚が飼えなくなったからと5年前に家に連れて来られたのですが
今では同居している祖父母に可愛がられて幸せな日々を過ごしています。
ただ、コロとは女同士で何故か仲が悪くって困ってます(汗)。
  今プチはお腹に大きな腫瘍が出来ているのだけど
  もう年齢のこともあり手術はしていません。
  でも大きな腫瘍を抱えつつも、いつも元気にお散歩したり楽しんでいます。
    ★プチは2004年12月19日に17歳で老衰で天国に旅立ちました。
     大きな腫瘍を抱えてたけど最後まで苦しまずに安らかに眠るようでした。。。


トイプードルのロンは御近所サンからまだ手の平にのる位の時にもらわれて来ました。
そりゃもう、かなりの美形で(親バカ?)“ホントにこんなに可愛いのはいないんじゃないかっ!?”
なんて思ったもんです(笑)
彼は甘やかして育ててしまったせいか、かなりの甘えんぼさんです。
本当はいつでも一番がイイという子なんだけど今は自分の子達に押されまくってる・・・。
子供達の方が大きくなってしまったので体力等で負けてしまいがちなのね。
でもまだまだ彼は現役の涙目うるるんプリンスです。

そしてMIX犬の双子クルとミル。
彼らはヨーキーのプチとプードルのロンの子供です。
両親よりも大きく大きく育ちました。
双子なのに全然似ていなくてクルはプードルぽいけどミルは“この犬何犬ですか?”
とよく聞かれます。毛の色はヨーキーっぽいんですけど・・・。

一応クルの方が先に出てきたので兄ということになってます。
彼は本当に大人しい子でひとり遊びが上手に出来る良い子です。
抱き上げると何故かいつもクタっとして、まるでぬいぐるみの様・・・(笑)
だけどクルは“てんかん”持ちなのです。それもヒドイ状態の。
毎日毎日、発作が起きてしまい手足が突っ張りひどくヒキツケてしまうのです。
しばらくすると治まるのですが苦しいクルを見ているのが本当に辛い(涙)
どうしても頻繁に医者に行っても治らないので可哀相で可哀相で・・・。
何故こんなに良い子なのにヒドイ病気を抱えなければならないのでしょう。。。

一方ミルはまったく丈夫な強い子です。
クルとは正反対の性格で常にトラブルメーカーなんです(笑)
喧嘩っ早い性格で散歩していても大きな犬に出くわすとスグ吠え掛かって行ってしまいます。
自分の何倍あるんだ?というような犬にです。(お散歩で出会った方スイマセン)
まぁ、ホントは怖がりなので逆に向かって行くのでしょうが・・・。
家の中でも誰かが来たり物音がするたび先頭きって吠えています。
でも人間が傍にいないとイヤなさびしんぼうなんです。
    ★今・・・ミルは天国にいます。(2004年1月25日に旅立ちました。)
      8歳の若さで逝ってしまいました。
      こんなに元気だったのに腎不全になってしまったのです。
      体力があっただけに発病してからミルは3ヶ月間も頑張ったし、
      家族も手を尽くして、いったん快復したかのように見えましたがダメでした。
      最後は私の腕の中で静かに逝ってしまいました。
      徹夜で様子を見ていた時にミルを抱いたまま
      ほんの1〜2分ウトウトしたんです。
      その時に旅行カバンに入った姿でミルが夢の中に出てきて・・・
      ハッと目覚めたその時に息をひきとりました。
      私に最後に「もう行くよ・・・」と教えてくれたようです。
      まだ悲しみは完全には癒えていません。
      楽しかったことだけを考えるようにしています。。。

今年に入ってから、また新しい家族が増えました。
それは茶トラ猫さんのプリヤ(♀)です。
この猫は近くの川といってもほぼドブ川なんですが、そこに捨てられていました。
まだ目も開いていない生後1週間経つか経たないかの子猫でした。
母がすぐに拾い上げて、そのまま獣医さんに運んだんですが
泥が口にもいっぱいで体温も下がっていて生きれるかどうかわからなかったのに
なんとか頑張って大丈夫でした。生命力の強さには驚かれます。
現在、管理人の私の家に同居しています。
死にかけたとは信じられないほどの元気さ&丈夫さです。
推定2004年4月4日生まれなので今は暴れん坊将軍です。
早く大人になってくれ(笑)